--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

第2回 Mr.Mac Academy

昨日は第2回Mr.Mac Academyを受講してきました。

今回のテーマは、熱中症についてです。
講師は、白金高輪動物病院の院長である、佐藤貴紀先生です。
ミスチルの桜井さん似の、めっちゃイケメン先生
それが目的で行ったのではありませんよ~

と言いながらも、密かに前列席を狙っていたねね
しかし、出遅れてしまって、一番後ろの席しか空いてなかった・・・・とほほ。
そかも、こんな時に限ってデジイチ重いからと、IXYにしたねね。
Wとほほ・・・

さて、今回は、日曜日&イケメン先生とあって満員御礼
何と、マレーシアから来た方もいましたーーービックリ。
0626-001_20110626213945.jpg


今回のテーマは、熱中症
短頭種オーナーさんが最も怖い、真夏の暑さ対策や、熱中症の症状、
熱中症になった時の対応など、特に今年は地震による
原発事故の影響で、節電や急な停電も予想されるため本当に心配な問題です。
これは、見逃せない

まず始めに、アカデミーの日置校長よりご挨拶。
病気の事は、ネットやブログの情報など、素人の情報を真に受けるのは
大変危険な事です。
信頼できる獣医師に相談し、確かな情報を得る事により、
助けられる命も増えるでしょうと。
ん~確かに・・・ねねの場合、ネットで調べた事や、ブログに書かれた事を
そのまま信じて病院に駆け込む事、しばしば・・・
0626-002_20110626213945.jpg

 一番後ろから、ズームをMaxにしても、こんな写真しか取れませんでした
えぇ、私が遅刻したバツでございます。
0626mac-2.jpg

さて、先生のイケメンぶりはこれくらいにして・・・
いよいよ、本題の佐藤先生の講義です。 


頂いた資料を簡単にまとめました。

1.熱中症とは?

 人間のそれと同じで、熱射病や日射病などの総称。
 長時間高温にさらされ、発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気。
 体温の上昇、発汗停止(肉球からわずかに発汗している)とともに、
 虚脱、けいれん、精神錯乱、こん睡などを起こし、
 生命の危険を伴うこともある。


2.原因は?

 犬の温度調整は、呼吸と肉球の汗腺でおこなっている。
 体温の解放は呼吸器による空気の出し入れが99%を占める。
 汗を解放することに優れていないため、長時間暑さにさらされる事で起こる。
 ※暑さに対しては、人の想像をはるかに超えるほ弱い。

3.なりやすい犬種と傾向

 短頭種:ブルドッグ、フレブル、パグ、シーズー、チン、ペキニーズなど。
 肥満傾向の犬、呼吸器疾患や循環器疾患を持っている犬、
 高齢犬などがかかりやすい。

4.症状

 ・体が暑い
 ・呼吸がいつもの倍以上早い。
 ・舌の粘膜が乾燥している。
 ・重度の場合、けいれんを起こし、意識がなくなる。

5.病院へ行くまでにできる事。

 ・水やOS1などの液体うぃ飲ませる。
  (ポカリやアクエリアスは、ミネラル分が入っているので好ましくない)
  これは、良いかと思ってましたね~

 ・水分が摂れないときは、気管に入らない様、気を付けて体に
  水風呂やシャワーをかける。
 ・アイスノンなども有効。
 ・体温計があれば、39度以下になるまで冷やす。
 ・体温が測れない場合は、呼吸が落ち着くまで冷やす。
 ※重症の場合は、すぐに病院に連絡を入れて緊急である事を伝える。

6.体を冷やす場合のポイント。

 ・氷水ではなく、真水を掛ける。
 ・アイスノンなどで、冷やす場合は、脇の下や股関節の内側を冷やす。
 ・犬が一日に必要な水分量は、体重5Kg対し、500ml。
  日本では、(132×体重)×0.75 とされている。

7.予防について

 ・高温多湿の状況を作らない事がもっとも重要。
 ・通気性の良い場所を作る
 ・キャリーバックなどの、狭い空間に長時間いさせない。
 ・1人にさせない。
 ・こんなご時世ではあるが、エアコンは必須。
 ・水分補給をしっかりする。(OS1が有効)
 ・外では、激しい運動をさせない。
 ・陽のあたる時間や場所を避ける。

8.計画停電に備えて

 ・毛の長い子はサマーカットにする。
 ・留守番時には1人によう、ペットシッターやペットホテルなどを利用する。
 ・置き水を数か所にする。
 ・保冷剤を有効に利用する。
 ※扇風機は、おしり側から当てましょう。
  顔からあてると、呼吸をしなくなってしまうそうです。



9.大事な事
 まずは、予防。そして、飼い主さんが愛犬の異常に早く気付く事。
 そして、早めの応急処置をしながら、なるべく早く病院へ連れて行く事。
 病気の3原則ですね。
 予防⇒早期発見⇒早期治療


第一回の『感じるコミニュケーション』の時も、勉強になりましたが、
今回も佐藤先生のお話の中で、いくつか自分で思っていた事が
間違えだったと言う事があり、再認識しました。
この夏の猛暑を乗り切るための知識を、改めて頭に叩き込んだ感じがします

最後に、タイロンママ、しっかりツーショット頂いてましたぁ
いやぁ~カッコええわぁ~
0626-005.jpg

次回、第3回Mr.Mac Academyは・・・
7月10日(日)講師は、DOG ESTの上田さんです。
夏を控えワンちゃんの毛のお手入れ方法や爪切り、目の周りのカット、
正しいブラッシング法など自分で出来る普段のお手入れ方法などについてです。
ご興味ある方は、早めに申し込みですよ~

本日もご訪問、ありがとうございました☆

ランキング参加中です!ポチっとお願いします☆
hiroba06.jpg







スポンサーサイト
08:56 | お勉強 | comments (23) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。