--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

ご心配をお掛けしています。

れおの病気の件では、皆さんからの暖かいコメントやメール、
励ましのお電話をたくさん頂き、本当にありがとうございます。

もっと早く、お礼と経過を報告したかったのですが、マイナスだらけの
私の脳みそは、何をどう説明すれば良いのか、まったく思いつかない
状況でしたので、お許しください。



れお
は、グレード2多発性椎間板ヘルニアでした。

椎間板ヘルニアは、1~5段階のグレードがあるそうです。

G1

脊椎痛。ごく軽度の脊髄圧迫のために、脊髄の機能障害は無いが、脊椎の痛みを生じている状態。一般的には背中を丸める姿勢をとることが多く、患者は運動したがらず、飼い主が背中を触ったときに痛がり明らかになる。身体検査の時、脊柱を押して検査することで痛みを確認できることが多い。

G2

不全麻痺、運動失調。後肢の力が弱くなり、ふらつきながら歩く。足先を引きずるように歩くために指先のつめが磨り減っていることが多い。足を裏返しにした状態で立っていることがある。 

G3

完全麻痺、随意運動不能。後肢の動きは全く無くなり、前肢だけで進み、後肢は引きずるようになる。

G4

排尿不能。排尿が自分でできなくなり、膀胱には尿がたまった状態が続く。体が動いたり、吠えたりしたときに少しずつ尿がもれ出ることが多い。

G5

深部痛覚の消失。後肢の全ての感覚が無くなり、器具で後肢の指先などを強くはさんでも何も感じない。

基本的には、グレード3以降が、手術の対象になるそうです。
お友達のムサシくんは、1ヶ所だけどグレード3でした。

れおが受けた検査や、治療の詳細は、皆さんの参考にしていただきたいので、
後ほど、詳しく記事にしようと思います。


れおは、掛かりつけの病院を26日(日)の夕方退院し、
自宅で3年ぶりのケージ生活をしています。
入院前、13キロあった体重は、11.5キロまで減りました。
たった、4日で・・・でも、この体重をキープしないと。
1229_002.jpg

痛みは、随分引いたようですが、後ろ足がフラフラです。
掛かりつけの先生からは、短頭種と言う事もあり、
手術のリスクも高いし、痛みも少しずつ引いているようなので
内科治療で良いと思うが、発症箇所がなのかなのか、
また両方なのか判断が微妙だとの事で、神経専門の先生を紹介されました。

昨日、28日に全身麻酔をかけて、MRIを撮り、神経専門の先生に
診ていただきました。
まさか、1年に2回も全身麻酔をかけるとは・・・
生きた心地がしない3時間でした。
MRI、人間と違って3時間もかかるんですね。



MRI検査が終わって、目覚めたばかりのれお
1229_003.jpg

結果、の多発性椎間板ヘルニア
(ヘルニアが3か所ありました) と言う診断結果がでました。
3つのうち、1つが今回の原因箇所だそうです。

取りあえず、急いで手術をしなくてはいけないレベルではないそうですが
年明けまでステロイド剤と、抗生剤を使い炎症を止められるかどうか・・・
だそうです。
年明けに手術となる事もありうるみたいです。

今まで、調子に乗って暴れさせ過ぎた私がいけないのです。
反省しきりです。頭が痛いです。
れおに謝っても、どうにもならないので、これかられお
体を一生懸命フォローするつもりです。


暴れん坊+走り屋=れお
ヘルニアが良くなっても、もうこの方程式はなさそうです。
れおより、私の方が具合が悪いです。

今年も、あと2日ですね。 何か、そんな感じがしないな・・・
クリスマスも、クルシミマスになったし。

みなさん、良いお年をお迎えくださいね。
来年も、またまたよろしくお願いします。







スポンサーサイト
18:45 | 健康・病気 | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。